営業損失と賠償

交通事故が発生した場合に、営業損失の賠償が問題になるケースが出て来ます。よくあるのが、タクシーやバス、運送会社等、自動車を業務で使用している場合です。この場合、営業上の損失が発生していれば支払い対象となりますが、通常、いわゆる緑ナンバーの場合は、レンタカーで営業する訳にはいかないので、予備の車両を準備しています。そうでなければ、車検の時に困ることになります。ですので、自動車が同時に複数台壊れるようなことで無ければ、交通事故で自動車に損害が発生したとしても予備車両を使って営業すれば、何の影響もありません。ところが、交通事故がいざ発生すると大体の会社が、営業上の損失を請求して来ます。そのような場合は、基本的には保険会社に交渉を依頼する事になると思いますが、保険が使えなくて自分で負担するような場合は、必ず予備車両がないことを立証させましょう。これを立証することはかなり難しく、実際に損害が発生するケースは少ないはずです。ただし、タクシーでも個人タクシーの場合は別です。個人で予備車両を準備していることは有り得ないので、この場合は、営業損害を支払わなければなりません。ただし、支払う場合も売り上げではなく、経費を引いた利益分で支払うことになります。

コメントは受け付けていません。