補償内容と修理代

 

交通事故で自動車が破損した場合、加害者からの補償内容としては、原則として修理代になります。自動車が大破して物理的に修理が不可能な場合や、修理費が被害自動車の中古車価格を超えてしまう場合は、その中古車価格が補償額となります。どんなに思い入れがある自動車だとしても法律上の損害賠償としては認められません。その自動車の価値が所有者者にとって特別だとしても世間一般ではそこまでの価値がないからです。交通事故は、世間一般で発生することなので、仮に被害者だとしてもその人だけの都合では物事が進まないからです。加害者の保険に対物時価額超過修理費用特約がついている場合は、時価額を超えて50万円までの修理費であれば補償されます。ただし修理を行うことが条件なので、修理をせずに買い替えるので50万円上乗せしろは通りません。車両保険の場合も同様に修理費が原則として支払われますが、保険金額を修理費が超えてしまった場合は、保険金額が限度になります。なお、加害者からの補償、車両保険ともに修理を行わない場合でも時価額や車両保険金額までの修理費相当額を支払ってもらうことが出来ます。加害者が
修理をしないなら支払わないは通りません。

 

コメントは受け付けていません。