飲酒運転時の対物賠償保険と適用範囲

対物賠償保険は、自動車事故によって他人の財物に損害を与えてしまった場合に、その損害を賠償する目的で保険金が支払われることを内容とした自動車保険の種類のひとつです。
公道を走っているすべての自動車に加入が強制されている自賠責保険は、他人の人身上の損害、すなわちケガや死亡といった被害を与えてしまった場合には保険金が下りますが、いわゆる物損事故にとどまる場合には保険金がまったく下りないため、任意の自動車保険による契約となります。
その際、飲酒運転で事故を起こしてしまったようなケースでも保険の適用対象になるのかどうかですが、結論からいえば、このようなケースであっても損害に見合った保険金は下りることになります。
そもそもが被害者である相手方の損害を救済するための保険ですので、加害者に飲酒運転という落ち度があったにしても、それは被害者にはまったく関係のないことで、理由はどうであれ、実質的に被害者の救済ができなくなってしまうのはあまりにも不適切であるという考え方がその背景にあります。
ただし、車両保険のように飲酒運転をした側の被害を補償するための保険の場合には、この理屈は通用しないため、重過失があったものとして保険金の支払い対象からは除外されてしまいます。

コメントは受け付けていません。