故意の事故と保険金

自動車保険では、契約に関するさまざまな決まりごとを「保険約款」と呼ばれる文書としてまとめ、契約の際には必ず契約者に渡されるようになっています。
自動車保険というのは、偶発的に起こった事故によって何らかの被害をこうむった場合について、その被害を補償するための制度ですので、仮に保険証券に名前が記入されている記名被保険者や保険の契約者が故意によって起こした場合については、保険金が支払われないことが約款に記載されています。
これは常識的に考えても当然の取扱いといえますが、その典型的な例としては、運転者が保険金をだまし取る目的のために、他人と共謀してわざと車を衝突させたような場合が挙げられます。
ただし、記名被保険者や契約者以外による故意の場合については、例外的な取扱いとして、約款上は保険金の支払いが認められるケースもないわけではありません。
例えば、従業員が他の車に故意で衝突したという場合には、雇い主の企業には何ら落ち度がなかったとしても、民法上の使用者責任を問われて相手への損害賠償に応じざるを得ないということがあります。
このようなケースでは、実際に企業には損害賠償の支払いが発生することになってしまいますので、約款のとおりに補償が行われることになります。

コメントは受け付けていません。