自然災害における補償とは

 

車両保険は、台風や竜巻・洪水・高潮による車両損害も対象になります。
台風で瓦がとんで車に傷がついた、機械式の駐車場ごと水没してしまった、雪の積もったカーポートの下敷きになって車に傷がついたなどは、エコノミータイプの車両保険でも対象となります。
ただし、全ての自然災害での損害が補償されるわけではありません。注意が必要です。

東日本大震災では、多くの車が津波で流されました。震災後、東北の中古車在庫が品薄になったのは、仕事にどうしても必要、あるいは生活の足として、自動車を購入しなければならない方々が大勢いたことを証明しています。
しかし、車両保険に地震・津波も対象にする特約を付けていなければ、地震による車両損害は対象外です。
この特約の当時の付帯率は数%程度でした。支払いが過大になる地震・津波損害は、経営を悪化させる可能性があるので保険会社が積極的に販売しなかった事、地震被害まで想定して保険を考えていた契約者がいなかった事が原因です。
当時の特約付帯率から考えると、被災地で保険で次の車を用意できた人はいなかったのではないかと思われます。

現在は、地震・津波特約を積極的に販売する保険会社も増えています。
巨大地震の危険が高まっているなか、車がなければ仕事にならない方は、この特約を検討されるのもよいかもしれません。

 

コメントは受け付けていません。