対物賠償保険と無制限

車を運転する方なら誰でも自動車保険に加入しているでしょう。自賠責保険とは違って任意の自動車保険では、補償内容を自由に設定することができます。自動車保険の補償内容は、大きく分けて対人賠償保険をはじめ対物賠償保険、人身傷害、搭乗者傷害、車両保険等があります。それぞれに補償額を決めていくことになりますが、対人賠償の場合はあらかじめ無制限で設定されている自動車保険が多くなっています。最悪のケースを考えて補償は無制限にしておく必要があります。
対人賠償が人に対する補償であるのに対して、対物賠償は物を対象とした補償です。他人の所有物や公共物を破損させてしまった場合に補償されるというものですが、物の価値はそれぞれ違いますからどの程度の賠償額になるかは予想ができません。
小さな事故では数百万円程度の賠償額で済むこともありますが、大きな事故を起こしてしまった時は一億円を超える賠償額を請求されることもあるのです。車を運転している限り、あらゆるケースを想定しなければならないでしょう。一億円の賠償額を請求されたとしても、五千万円の補償額では支払うことができませんね。
大きな代償を背負うよりは多少保険料が高くなっても補償を充実させた方が安心です。保険契約の際は補償額選びが重要です。

コメントは受け付けていません。