運転者の家族に対する保証について

運転者の家族に対する保険の保証は、家族の間柄によって変わってきます。自動車の運転を行っていた人の配偶者や同居の親もしくは子供の場合は、保険の保証対象外になります。これらの人たちの所有物を破損した場合は保険金の支払対象になりません。ここで言う親子は実の親子関係もしくは養子縁組が行われている場合で、義理の親子関係は含まれません。またこれら以外の間柄、兄弟姉妹、祖父母と孫、叔父叔母と甥姪の場合は保険金の支払い対象になります。保険会社によっては、同居ではない親子関係の場合は、保険金の支払い対象になることもあります。怪我の場合も任意保険の場合は同様ですが、自賠責保険の場合は、配偶者や親子関係であっても基本的には保険金の支払い対象になります。その他の間柄の場合も同様です。自賠責保険の場合は運転していた人と被害者との関係が家族であっても他人であるという考え方なので、基本的には保険金が支払われることになっています。人身傷害保険や搭乗者傷害保険の場合は運転していた人とケガをした人との関係は一切問われません。契約車両に搭乗していた人がケガをした場合に保険金の支払い対象になります。車両保険も基本的には誰が運転していても支払い対象になります。

コメントは受け付けていません。