自分の車とその注意点について

自分の車が事故で壊れた際は、任意保険の車両保険でカバーすることになります。自賠責保険では、車の損害は一切支払われません。注意点として、契約内容や事故の内容で支払い対象外になる場合があることです。車両保険は保険料がこうがなため、通常の車両保険以外に支払われる事故を限定して、その分保険料を安くする危険限定特約があります。通常の車両保険では、契約車両に発生した偶然な事故全てが支払い対象になります。ところが危険限定特約は、事故の相手が自動車で相手車の登録番号及び所有者もしくは運転者がはっきりわかっている事故、盗難、火災、飛来物との衝突、水没、台風による損害等、決められた事故以外は支払い対象になりません。車両事故で最も多い、ガードレールや電柱に衝突するといった自損事故は支払い対象外になります。保険料は安くなりますが、最もリスクの高い自損事故が支払い対象外になるため、あまりお勧め出来る特約ではありません。保険料を安くする裏ワザとしては、免責金額を高くすることです。小損害であれば、何れにせよ保険を使った方が翌年度の保険料アップを考えると損になるので免責金額を上げてもさほど問題はありません。保険加入時に保険会社へ聞いてみましょう。

コメントは受け付けていません。